美容師求人サイトの比較とランキング > 条件で探す > 美容師 勤務時間

美容師 勤務時間

美容師を含め全ての労働者は労働基準法で勤務時間が制限されています。
特例はありますが、基本的には1日8時間、週40時間とされ、休憩時間も必取ることができるように定められています。

しかし、現実には、労働基準法をしっかりと守ってる美容室は少なく、長時間労働が常態化しています。
営業時間中はお客様が店内にいるため、技術向上のための練習をすることができません。
大手サロンの場合、トレーニング専用のブースや研修室を所有しており、勤務時間内に練習することができるケースもありますが、このようなケースは稀です。
一般的なサロンでは営業時間後に自発的に無給で残業するケースが多いようですが、中には半強制的に残業するケースもあり、勤務時間と実際の拘束時間が異なるサロンも多いようです。
これはアシスタントに限ったことではなく、アシスタントを教える立場のスタイリストも時間を拘束されることになります。
また、時には休日に講習会があり、休日返上で参加しなければならないこともあります。

美容師の一日は開店準備から始まります。
閉店後は店内の清掃や翌日の準備、サロンによってはミーティングをする場合もあります。
そのため、営業時間の前後一時間は勤務時間になると考えてよいでしょう。

近年、美容師の雇用形態も多様化しています。
プライベートの時間を大切にしたい人や、事情があり、長時間の勤務が難しい人は、美容師経験者であればパートタイムや、面貸しなどのフリーランスとして働くことができるか交渉してみると良いでしょう。

ただし、見習いやアシスタントの場合は、まずサロンから求められる人材に成長しなければなりません。
サロンの売上に貢献できない立場でありながら、自己の主張を通すことは難しいかもしれません。
どの職種でも、新人の頃は知識や技術を身につけるために自分の時間を削って努力をするものです。
努力や苦労はその後の美容師人生の大きな糧となることでしょう。

最新版!おすすめカラコンランキング!Best5

サロンキャリア

1位サロンキャリア

求人情報 掲載店舗数

7,000件 以上

キラリア

2位キラリア

求人情報 掲載店舗数

4,000件 以上

salida(サリダ)

3位salida(サリダ)

求人情報 掲載店舗数

3,000件 以上