美容師求人サイトの比較とランキング > 条件で探す > 美容室の求人・採用の現状

美容室の求人・採用の現状

現在全国で22万店舗以上の美容室があります。
一方、美容師の数は近年減少傾向にありますが、美容室の店舗は毎年約2000店のペースで増え続けています。
そのため美容室で働く場合、就職先が見つからないということはほとんどありません。
ただ、人気店は採用倍率が高く、狭き門となっています。

特に最近では即戦力となる経験者の中途採用を行う美容室が増えてきており、新卒者の採用数を少なくしているところもあります。
この傾向は、特に個人経営のサロンで顕著に見られます。

美容師免許を取得した人が皆、美容師になるとは限りません。
中にはメイクアップアーティストとして活躍している人もいます。
メイクアップアーティストは事務所に所属し、雑誌やCM、広告などの撮影の際のヘアメイクをメインに行う仕事です。
一見、華やかな世界に見えますが、生活が不規則になりがちで現状はかなりハードな労働環境です。
多くの人が憧れる女優やモデルのヘアメイクができるようになるまでは、厳しい下積みが必要です。
初めは先輩のメイクアップアーティストの見習いから始まります。
技術を身につけ、経験や信頼を少しづつ積み重ねていくことで、初めて一人前のメイクアップアーティストとして認めらえるようになります。

また、ブライダルの際のヘアメイクとして活躍する人もいます。
美容師やメイクアップアーティストと比べると比較的労働条件もよく、収入も安定していますが、求人の数自体があまり多くないので、狭き門となっています。

その他、専門学校を卒業後、海外での就職を目指す人もいます。
近年、日本の美容師のレベルの高さは世界で注目されるようになり、海外で成功している美容師も増えています。
ただ、日本と大きく労働環境が異なるケースがあるので、十分な確認が必要です。
現地在住のアジア人をターゲットに展開している美容室も多いので、全世界に就職先の可能性はあるといえるでしょう。

最新版!おすすめカラコンランキング!Best5

サロンキャリア

1位サロンキャリア

求人情報 掲載店舗数

7,000件 以上

キラリア

2位キラリア

求人情報 掲載店舗数

4,000件 以上

salida(サリダ)

3位salida(サリダ)

求人情報 掲載店舗数

3,000件 以上