有酸素運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)とは、息切れするようなハードな運動ではなくて、充分な呼吸ができる規則的な繰り返しのある軽度な運動のこと。軽い運動とはいっても、繰り返しの運動は全身運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)であり、汗ばむほどの運動量(真剣にやれね、家事もけっこうな運動になります)です。有酸素運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)っていえね、脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)を燃焼する事により知られているのですが、運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)を始めてすぐに脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)が燃焼されるわけではないんです。最初は、筋肉内に蓄えられているグリコーゲン(一時的に、グルコースを貯蔵する働きがあります)や糖質(白米、パン、麺類、イモ類、砂糖や蜂蜜、果物などに多く含まれています)がエネルギーとして使用され、徐々に脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)もエネルギー源として利用されていきます。一昔前は、脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)が燃焼されるようになるまで20分かかるといわれていて、ダイエットを目的としては20分以上の有酸素運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)をしなければならないとされていました。しかし、近頃の研究の結果、10分前後の有酸素運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)でも脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)の燃焼が始まることが分かってきました。運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)開始後約十分からだんだん血中脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)が利用され始め、20分を経過するころから血中脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)が不足してくるため、今度は脂肪細胞(単胞性脂肪細胞と多胞性脂肪細胞の二種類があります)として蓄えられている内臓脂肪(放置していると、動脈硬化、糖尿病、高血圧、高血糖、心筋梗塞、脳血管障害など、深刻な症状や疾患に発展する恐れがあります)や皮下脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過?に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)が使用されるように。内臓脂肪(放置していると、動脈硬化、糖尿病、高血圧、高血糖、心筋梗塞、脳血管障害など、深刻な症状や疾患に発展する恐れがあります)や皮下脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)は、脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)分解酵素リパーゼによっても分解され、不足分が血液の中に送り出されてエネルギー源といわれているのです。つまり、有酸素運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)を続ければ続けるほど、血中脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)の不足を補うために、内臓脂肪(中高年男性は定期的に健康診断などでチェックした方がいいでしょう)や皮下脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過?に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)が利用(燃焼)されるわけで、その結果として痩せると言うことです。但し、有酸素運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)で体重が減ったのを実感できるようになるには、定期的に行うことが大切。できるだけ長時間の有酸素運動を週に数回行うようにしたら良いでしょうー